新幹線での出来事。

f:id:nanpa-miyamoto:20161029183937j:plain


このお話は僕がまだナンパ師の存在すら

知らなくて、即なんか都市伝説的な行いだと思ってた時期に挑んだナンパです。



僕は関西出身で今働いている場所は

東京です。

去年の夏でしたね。



僕がお盆休みで地元に帰り

馴染みの友達と楽しい時間を過ごし

少し地元への寂しさを残しつつ

予めとっていた新幹線の席にいたと

思っていてください。


東京までは約2時間半の間で

色々考え事したり

休暇からの仕事への気持ちの切り替えにもなるし

ぼんやり読書する時間がめっちゃ好きなんです。

そんでもって、横に素敵な女性の方が

いたら最高じゃないですか!


なんですけど、その時の僕は

運が悪かったかもしれません。

僕が席についたタイミングとほぼ

同じタイミングでおじさんが着席……。笑


「このおじさんと2時間半の旅か。」


って自虐的に窓の外見ながら

そんなこと思ってました。


次の駅でおりろなんてありえもしないこと

考えながら新幹線は進みます。


でも、奇跡がおきるんです!


次の駅に着きましたが、ロンモチで

おじさんは席を立ちません。

すると、不思議そうに僕の隣のおじさんを

見ている可愛らしい女性がいました。

なんだろなーと見ていると

自分の切符と席の番号を何度も確認してるみたです。


「もしかして、この席じゃないですか?」


「あ、ごめんなさい。間違ってました?」


そーなんです!!!

このおじさんぜんっぜんちゃう席座ってて

気づけば可愛らしい女性が僕の隣……


あかん、死ぬほど嬉しい。笑


でも、あの時の僕は声かけるなんて

ぜんっぜんできる度胸なくて

ずっと文字の入ってこない読書を

永遠に続けてた気がします。


「あのー」


「あ、はい!」


ちょっと声が上ずってたと思います。


「あのーお弁当食べていいですか?(^^)」



どきまぎしながら、どうぞどうぞと言い

にやけるのを堪える楽しい時間です。


「おちんこ食べていいですか?」

って聞かれた並に嬉しかったですね。


そして!!!!!


話しかけたい!!!

けど、緊張する!!!

話しかけたい!!!

けど、緊張する!!!



ってのを20,000回くらい続けてるうちに

そろそろ横浜に着きそうです。


これ絶対無理なやつやー。

よしっ、次横浜で彼女が降りなかったら

絶対話しかけよう。


「横浜に間も無く到着します。」


その音を聞いた瞬間……


ドキが胸胸。笑


そんなヘタレこいてたら逃げていくってって何回も心の中で繰り返してたら品川ついてましたwww

むしろこのまま品川で降りてくれ。降りてくれたら運命の人じゃなかったって自分で自分を言いくるめれるからさ!頼む!頼むって!


という願いとは裏腹にそのまま品川をしゅっぱーつ。笑


「おれってこんなヘタレやったけかな。あーぜっったい話しかけるぞ!!!」


そう決意し、東京駅に着いて新幹線を出た瞬間喋りかけました。

緊張しすぎて「学生さんですか?」という意味不な声かけやったんですけど、なんとかオープンしてくれたww


僕がそこで軽く自己紹介して、車中でお互い読んでた本の系統が丁度同じだったことがわかって少し和めました。



「連絡先聞いてもいいですか?」


駄目です」


「え!今絶対いいですよのノリやったやないですかww」


「それ私も思ってますwでも、こういうの苦手というか自分には向いてないと思うんですよね(°_°)」


「向いてないか向いてるかはお互いの相性とかで決まると思いますよ!!!死んだおばあちゃんがゆうてました!!!」


身内の守護霊を使って何とか番げ(^^)キラリン!!!笑


その可愛らしい女の子と数日間楽しいLINEのやり取りをしてたんです。天国だったんです。



だかしかーーし!!!!



人生甘くできてなくて、僕が「今度よかったらお茶でもいきません?」って打診してから連絡が急に途絶えたのです。


数日間待っていると……


ピコン!


「返信遅くなってすいません、実は宮本さんとの事友達に相談してみたら、そんなナンパな奴は連絡しない方がいいんじゃない?って言われたんでもう連絡できないです。ごめんなさい。」


むむむむむむ!!!!!!むむ!!!!

むむ!!!!むむむ!!!!!!!む!!むむむむむむむむ!!!!!


コレオワタ!!!!!!!


それからは一切連絡かえってこずで

完璧に地獄に叩き落とされてましたね。笑



まあ今はいい肴になってるんですが。笑


これが何か理想的なナンパというか

今になってなんですけどそう思いますね。


ナチュラルーにあたかも自然ーに。

なんの違和感もなーく。


まままこういう経験を経て

楽しく生きていければなってwww


完。